Chemours.com

電化製品用断熱材向けOpteon™(オプテオン™)発泡剤

新しい発泡剤が電化製品のエネルギー効率を改善

電化製品メーカーが製品のエネルギー効率を上げるには、3つのことに注力する必要があります。フォーム断熱材、冷却システム、熱交換/霜取りメカニズムのハードウェアです。

優れたフォーム断熱材を利用することで、大きな成果が得られます。電化製品の熱効率を上げ、業界のエネルギー効率に関する基準や規制を満たすことが可能となります。

フォームの断熱特性により、電化製品はより少ない電力で作動します。フォームが熱障壁の役割を果たし、冷蔵庫や冷凍庫の庫内を冷たく保ち、湯沸かし器や炉からの熱損失を防ぐためです。

これらの製品で断熱フォームを使用すると、そのほかにも下記の利点が得られます。

  • 構造上の剛直性の強化
  • 防音
  • 振動減

革新への原動力:環境規制と消費者の節約志向

今日の電化製品の設計は複数の要素から成り立っています。消費者は光熱費を下げるため、よりエネルギー効率のよい電化製品を求めています。グローバルな規制は、温室効果ガス排出量を減らし、自宅やビルにおいてエネルギー効率を上げるという方向に向かっています。

その結果、電化製品メーカーは下記のような圧力を受けています。

  • より少ないエネルギーで作動する製品の開発
  • 排出量の削減
  • 非常に少ない環境フットプリントの作成

これらを達成するために発泡剤の生産者は、オゾン破壊係数と高まる地球温暖化係数への懸念に対応する、環境面で持続可能な製品を開発していく必要があります。硬質ポリウレタンフォームの開発や、進行中のハイドロフルオロカーボン(HFC)からハイドロフルオロオレフィン(HFO)への発泡剤の移行には、規制が課題として残されています。

フォーム向け次世代発泡剤

Chemours(ケマーズ)はフォーム断熱材向けに新世代のHFO発泡剤を開発しました。Opteon™(オプテオン™) 1100発泡剤は地球温暖化係数(GWP)が低く、改良された断熱性能を提供する製品です。

さらに、Opteon™(オプテオン™) 1100は下記と親和性があります。

  • 電化製品のポリウレタンフォームを保管、取り扱い、製造する際に使用される一般的な金属、エラストマー、プラスチック
  • アミン触媒を含むポリウレタンフォームで使用されている従来の触媒

Opteon™(オプテオン™)発泡剤を使用した電化製品のフォームは、競合製品より優れた熱性能を提供するため、電化製品の設計担当者はより高い断熱効果(R値)を達成したり、さらに薄い断熱材を使用したりできるようになります。