Chemours.com

スプレーフォーム断熱材向けOpteon™(オプテオン™)発泡剤

新世代の断熱材で建物のエネルギー効率を改善

スプレーフォーム断熱材は住居や商業施設などで幅広く使用されています。これらの用途では、屋根タイル、コンクリート平板、中空壁に適用するとスプレーフォームが膨張します。また、グラスウールなどの既存の建物用断熱材の代替品としても使用できます。

スプレーフォームは断熱材と空気障壁の役割を果たし、壁や窓、出入り口からの漏気を減らします。寒い時期は、スプレーフォーム断熱材が暖気を室内に閉じ込め、寒い空気が入ってこないようにします。暑い時期は、スプレーフォーム断熱材がエアコンによる快適な室内温度を保ち、外の熱が入ってこないようにします。

スプレーフォームによって天気に関係なく快適な温度を保つことができるため、不必要または必要以上の暖房やエアコン利用が減り、エネルギー費用や光熱費を削減できます。

環境への影響とエネルギー利用に関する高いグローバル基準を遵守

ビルディングコード(国際省エネルギーコード(IECC)の連続断熱要件を含む)が厳しくなり、省エネのベストプラクティスに対する意識が向上しているため、スプレーフォーム断熱材の利用が増加傾向にあります。

Opteon™(オプテオン™)発泡剤は、構造材寿命期間中のフォーム断熱材で優れた熱性能を発揮します。建築業者は従来の発泡剤より高い断熱効果(R値)を達成したり、さらに薄いスプレー断熱材を使用したりできるようになります。

これは大きな変革をもたらした技術で、その優れた熱性能と注目すべき安定性から、Opteon™(オプテオン™) 1100は2017年にCPIポリウレタンイノベーション賞を受賞しました。

業界リーダーとのコラボレーション

Chemours(ケマーズ)はスプレーフォーム業界のリーダーとその顧客やサプライヤーと共同で、Opteon™(オプテオン™)ベースのスプレーフォームの配合を最適化し、地球温暖化係数が低く高い断熱性能を実現する費用対効果の高い方法を探っています。