Chemours.com

乗用車用Opteon™(オプテオン™)冷媒

現代の革新的な自動車向け低GWP冷媒オプション

乗用車は、総重量が3,856キログラム(8,500ポンド)未満の乗用車およびトラックと分類され、1800年代後半から道路を走行しています。現在では、かつてないほどの台数の乗用車が走行しており、ドライバーの安全が最優先事項となっています。

乗用車ドライバーの安全に関する主な懸念事項の一つが、不快な社内温度による注意力散漫です。この問題を是正するため、メーカー各社はオゾン層を破壊せず(Zero-ODP)かつ地球温暖化係数の小さい(低GWP)冷媒で作動可能な、効率と性能に優れたエアコン(AC)システムの導入に取り組んでいます。

HFO系冷媒への持続可能な移行

Opteon™(オプテオン™)冷媒は、自動車メーカーの乗用車用ACシステムの要求を満たす、もしくは上回る低GWPソリューションです。このハイドロフルオロオレフィン(HFO)系冷媒は、特性と性能において最高のバランスを提供します。

多くの乗用車は、ハイドロフルオロカーボン(HFC)系冷媒のR-134aを使用しています。しかし、Opteon™(オプテオン™) YFのGWPは1未満であり、R-134aのGWPである1,430を大きく下回っています。<1 —significantly better than R-134a's GWP of 1300. Additionally, Opteon™ YF refrigerants have a limited atmospheric lifetime measured in days, whereas HFCs can remain in the atmosphere for years.