Chemours.com

チラー用途向けOpteon™(オプテオン™)冷媒

業務用および産業用の用途拡大がチラー市場の成長を促進しています

チラーは化学プロセスからオフィスや居住空間の空調、冷蔵倉庫やアイスリンクなど、あらゆるものを冷却するために様々な場面で使用されています。施設管理においても、チラーはエネルギー効率のよい冷却手段を提供しています。また、冷媒充填が一元管理されているため、通常非常に低い漏洩率で稼働しています。

業務用および産業セクターでの需要拡大により、チラー市場は成長を続けています。以下に例を挙げます。

  • 食品小売店は流通過程で食品の鮮度を保つために、冷蔵倉庫のチラーに依存しています
  • プラスチックメーカーの現場では、射出成型システムの冷却のためにチラーが必須です
  • データセンターに設置された精密機器は、大量の熱を発生し、最適な処理能力を持たせた運用には厳密な温度管理が必要です
  • アイスリンクでは、適切なコンディションの氷を生成し、維持するのにチラーを使用しています

チラー向けの高効率かつ持続可能性に優れた冷媒を選択

エアコンや冷凍冷蔵機器産業のあらゆる分野と同様、チラーメーカーでは、施設が必要とするエネルギー効率目標を維持しつつ、世界各国の規制要件に確実に対応する機器を開発することが課題となっています。

持続可能な方法でこれらの市場要求に対応するため、Opteon™(オプテオン™)ポートフォリオの冷媒は、チラー向け低地球温暖化係数(GWP)ソリューションを幅広く提供します。

新規機器導入用の冷媒

Opteon™(オプテオン™)XL冷媒は、エネルギー効率のよい新規冷凍冷蔵機器用に特別に設計された、低GWPおよび超低GWPソリューションを提供します。既存システムが古くレトロフィットに適さない場合や、新規システムを導入する計画がある場合は、Opteon™(オプテオン™)XL製品をご選択ください。

レトロフィット用の冷媒

Opteon™(オプテオン™)XP冷媒は、レトロフィットや新規機器の導入に適した、持続可能な低GWPソリューションを提供します。新規システムへの投資準備が整っていない場合や、既存の機器が寿命を迎えていない場合は、Opteon™(オプテオン™)XP製品をご選択ください。