Chemours.com

業務用冷凍冷蔵機器向けOpteon™(オプテオン™)

次世代冷媒:変化する消費者行動への対応

スーパーマーケットや食料品店には、生鮮食品や飲み物の安全性と風味を保つため、信頼できる冷凍冷蔵機器システムが必須です。食品の購入方法が変化し、消費者がすぐに食べられる調理済みの食品を求める傾向が強まる中、この業界では食品の冷蔵方法の再考が進んでいます。

コンビニエンスストアからドラッグストアや大規模小売店まで、小売の現場では、より近代的で便利な業務用冷凍冷蔵機器が求められています。

冷媒選択に影響するトレンド

変化する消費者の購入習慣が小売食品の冷凍冷蔵機器システム選択に影響を与える一方で、多くの店舗では総合的なエネルギー管理戦略も実施されています。これらの取り組みの多くには、古いシステムから、環境への影響が少ない持続可能な部材を使用し、エネルギー効率が向上した業務用冷凍冷蔵機器への置き換えも含まれます。より持続可能な冷媒の選択は、システム決定時にとても重要になってきています。

次世代の低GWP冷媒

Opteon™(オプテオン™)冷媒は、地球温暖化係数が低い(低GWP)新世代のハイドロフルオロオレフィン(HFO)系冷媒で、性能、環境持続性、安全性、コスト面で最適なバランスをあらゆる用途で提供します。

Opteon™(オプテオン™)冷媒は、小売食品の冷凍冷蔵機器分野における多様なニーズに対応します。各種用途向け冷媒には、以下のものが含まれます。

新規機器導入用の冷媒

Opteon™(オプテオン™)XL冷媒は、エネルギー効率のよい新規冷凍冷蔵機器用に特別に設計された、低GWPおよび超低GWPソリューションを提供します。既存システムが古くレトロフィットに適さない場合や、新規システムを導入する計画がある場合は、Opteon™(オプテオン™)XL製品をご選択ください。

レトロフィット用の冷媒

Opteon™(オプテオン™)XP冷媒は、レトロフィットや新規機器の導入に適した、持続可能な低GWPソリューションを提供します。新規システムへの投資準備が整っていない場合や、既存の機器が寿命を迎えていない場合は、Opteon™(オプテオン™)XP製品をご選択ください。