Chemours.com

産業用冷凍冷蔵機器向けOpteon™(オプテオン™)冷媒

産業用途の冷却システムに対して高まる要求に対応

食品、製薬、化学加工産業における要求の高まりが、産業用冷凍冷蔵機器市場の世界的な成長を牽引しています。これらのシステムは、通常大規模な冷凍冷蔵工場に設置され、安全で高品質な冷却オプションを必要とします。

冷却能力を提供しつつ、エネルギー効率を維持する方法、また冷媒に関係する環境問題への取り組み方は、産業用冷凍冷蔵機器システムに対する世界的な懸念事項です。

食品および飲料加工産業用冷凍冷蔵機器

産業用冷凍冷蔵機器は、今日の世界経済で中心的役割を果たしています。食品供給産業全体で、信頼性、効率性、環境持続性を備えた冷媒が、消費者需要を満たす上で大量に必要とされています。

医薬品の研究と製薬

製薬会社は常に新しい薬を開発し、市場に投入しています。冷凍冷蔵機器は、研究に使用される細胞を保存し、薬効を高め、多くの医薬品の有効期間を延ばすという処理に不可欠です。

生化学製剤に基づく医薬品や治療法の需要が高まるにつれ、製薬業界は開発を拡大するために、業務を拡張する必要があります。多くの医薬品が必要とする温度管理範囲は狭いため、この温度範囲を維持可能で信頼性のある高性能冷媒が業界の成功に欠かせません。

化学加工

化学加工産業では、先進的な冷凍冷蔵技術が必須です。古い冷却システムでは、エネルギー効率の問題があったり、古い冷媒が使用されていたりする場合があり、また、様々な素材の加工には、異なった温度管理が必要なります。

変化する要求に対して、業務用冷凍冷蔵機器の機器製造業者(OEM)は、より厳しい温度要求と規制を満たす新システムの開発を目指しています。

厳格な業界要件に対応する冷媒

Chemours(ケマーズ)は、あらゆる用途で性能、環境持続性能、安全性、コストのバランスのとれた冷媒を提供すべく、産業用冷凍冷蔵機器の設計者やエンジニアと協力してきた歴史があります。

よりエネルギー効率がよく、持続可能なシステムを求める産業用冷凍冷蔵機器市場の要求に応えるため、Chemours(ケマーズ)は、ハイドロフルオロオレフィン(HFO)の技術を利用したOpteon™(オプテオン™)冷媒を開発しました。オゾン破壊係数(ODP)のない、地球温暖化係数(GWP)が低いこの新しい次世代冷媒は、より優れた性能を提供します。産業用冷凍冷蔵機器向けのOpteon™(オプテオン™)冷媒には、以下の製品があります。