Chemours.com

高温ヒートポンプ用Opteon™(オプテオン™)作動流体

高性能作動流体で廃熱回収を最適化

高温ヒートポンプ(HTHP)は、廃熱を回収し、乾燥、滅菌、製紙、食品調理などの産業処理に熱を提供するために使用されることがあります。これらHTHPは、エアコンとは異なる動作をします。なぜなら、温度を下げるのではなく、環境から熱と湿度を除去し、別の場所へと転送するからです。産業用途では、低温廃熱を効率よく、以下のような他の目的で再利用できます。

  • 液体加熱
  • 蒸発と蒸留
  • 蒸気発生
  • 地域暖房

HTHPに最適な作動流体を選ぶことが重要です。HTHPは通常、100~160℃の熱を提供するため、低温・中温ヒートポンプに適した一部の作動流体では効果が低い場合があります。またHTHP作動流体は、意図している用途や使用に応じた熱安定性、加熱性能、圧力、エンタルピー、および蒸気特性を必要とします。

エネルギー効率と環境持続性能

HTHP用途の多くは、通常は大気中に放出される廃熱を回収することで、産業活動における全体的なエネルギー効率を向上させます。オゾン層を破壊せず、地球温暖化係数(GWP)が低い流体であるOpteon™(オプテオン™) MZ作動流体は、特性と性能の適正なバランスをHTHPに提供します。