Chemours.com

有機ランキンサイクル向けOpteon™(オプテオン™)作動流体

廃熱回収がエネルギーをリサイクルし、快適性を維持

住宅用および業務用給湯器から排出される熱や、オーブン、炉、車両からの排気など、多くのプロセスでは過剰な熱が生成され、大気中に放出されます。有機ランキンサイクルシステムは、この熱を捕捉し、電気に変えます。

これは二つの利点を提供します。一つ目は、システムが回収した廃熱から他の処理で使用できる電気を生成することで、効率が向上するという点です。二つ目は、快適な温度を維持するために、エアコンを追加する必要がないという点です。

有機ランキンサイクルシステム:仕組み

有機ランキンサイクルシステムは、低温熱源から熱を回収します。まず、使用する有機流体をボイラーへ送り込みます。有機流体はボイラーで蒸発し、膨張装置を通り、熱交換コンデンサーに送られます。

低位熱を回収するため、流体の沸点は水よりも低い必要があります。その他、使用される流体の望ましい特性としては、以下が挙げられます。

  • 環境への影響が少ないこと:流体は、オゾン破壊係数(ODP)がゼロで、地球温暖化係数(GWP)が低い必要があります。
  • 安全性:流体は、不燃性、無毒、かつ非腐食性である必要があります。
  • 最適な熱力学特性:流体は、低温熱を吸収し、効率的に使用可能なエネルギーに変換できる必要があります。

有機ランキンサイクル向けの新しい作動流体

Chemours(ケマーズ)は、有機ランキンサイクルに優れた性能を提供する新しい低GWP流体を積極的に開発しています。廃熱回収用Opteon™(オプテオン™)作動流体は、ハイドロフルオロオレフィン(HFO)系であり、GWPは既存の作動流体より大幅に低くなっています。Opteon™(オプテオン™) MZ作動流体は、有機ランキンサイクルシステムに最適な選択肢です