Chemours.com

冷媒管理・コンプライアンス計算機ツール

温室効果ガス係数と平均GWPを追跡する新しいツール

冷媒が22.6796kgを超える新規および既存のスーパーマーケット施設に対するカリフォルニア州大気資源局(California Air Resources Board:CARB)の新規制が間もなく発効されます。

Chemours(ケマーズ)は、スーパーマーケットの冷凍冷蔵機器フットプリント全体の温室効果ガス係数と平均地球温暖化係数(GWP)を追跡する新しいツールを開発しました。このツールにより、エンドユーザーは、カリフォルニア州の規制コンプライアンスを達成するために必要な様々な冷媒変更の影響をモデル化および計算できるようにします。

Opteon™(オプテオン™)冷媒が提供する冷媒管理・コンプライアンス計算機ツールは、コンプライアンス目標に取り組んでいるカリフォルニア州の小売業者や、平均GWPの削減に取り組んでいる米国各地の小売業者のシナリオ計画を支援します。

この計算機ツールは、Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefoxといったブラウザーとの互換性が優れています。

コンプライアンス計算機ツールのユーザーインターフェイスの画像。

Opteon™(オプテオン™)の低GWPのハイドロフルオロオレフィン(HFO)冷媒は、冷凍冷蔵機器、エアコン、ヒートポンプ、チラー市場の長期的なニーズに応えられる、持続可能で多目的な冷媒のポートフォリオです。これらの冷媒は、置き換える製品と比べてその性能を維持もしくは改善しながら、世界的にますます厳しくなる規制に対応するために開発され、さらには、HVACR(暖房、換気、空調、冷凍冷蔵)業界のカーボンフットプリントを削減するために、より持続可能な冷媒の選択と機器設計を促進しています。