Chemours.com

スプレーウレタンフォームの耐久性と省エネに関する課題の解決

環境持続性のある発泡剤が、長寿命かつ高効率なスプレーウレタンフォームを実現します。

世界的地域的規制当局によって規制が全面的に施行されているため、建設業者や建物の所有者は、日々の業務で使用する長期的に費用対効果が高く、環境持続性能のあるオプションを探し出す必要に迫られています。建物の断熱材は建物のエネルギー効率を改善するため、この分野で代替品を検討することはますます重要になっています。

スプレーポリウレタンフォーム(SPF)は、既存の断熱材オプションの高性能な代替品として登場しました。SPFは優れた気密性と耐久性を提供し、長期にわたってエネルギー消費を大幅に削減したいと考える建物の所有者に利益をもたらし、環境面でも貢献します。

SPFの性能を向上させる発泡剤のインフォグラフィック 

残念ながら、SPF断熱材に使われてきたこれまでの発泡剤は地球温暖化係数(GWP)とオゾン破壊係数(ODP)が高く、SPF断熱材の全体的なエネルギー効率と耐久性を低下させていました。

本ホワイトペーパーでは、建設業者や建物の所有者がより効果的で環境持続性能のあるOpteon™(オプテオン™) 1100のような発泡剤を使えば、建物の廃棄物、エネルギー消費量、環境への影響を減らし、最終的に大幅な長期的節約を実現できることをご紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロードして、Opteon™(オプテオン™) 1100のような次世代発泡剤を配合したSPFを利用する利点をご確認ください。