Chemours.com

持続可能な冷媒に移行することで、規制への準拠と性能向上を実現

より持続可能な冷媒ソリューションへの移行

規制環境の焦点が冷媒や機器が環境に与える影響に移ることで、業務用冷凍冷蔵機器を使用したり、サービス提供したりする事業は大きな影響を受けています。

これらの事業では、より持続可能で、より厳しい環境規制に準拠する冷媒に移行する必要があります。しかしながら、ハイドロフルオロオレフィン(HFO)の化学的性質をベースにした冷媒など、環境持続性能のある冷媒オプションが多く市場に出てきましたが、適切な冷媒選択には依然として課題があります。

2015年から2030年までのCO2換算排出量の上限(基準値に対するパーセンテージ)

新しい冷媒は、適切な性能特性を提供し、安全を保証するものでなければなりません。導入プロセスは、システム性能の低下や機器の損傷などのリスクを減らすため、適切な手順を踏む必要があります。

本ホワイトペーパーでは、厳しいグローバルの規制環境がいかに冷媒の進化を推進し、厳しい要求を満たしつつ、高性能基準を維持する冷媒設計が実現したかをご紹介します。

英国の大手小売業者であるASDAは、Chemours(ケマーズ)と提携し、信頼性、性能、安全性、エネルギー効率を損なうことなく、冷凍冷蔵機器ユニットに地球温暖化係数(GWP)の低いOpteon™(オプテオン™)冷媒を導入しました。ホワイトペーパーをダウンロードして詳細をぜひご確認ください。