Chemours.com

スプレーフォーム断熱材が効率と持続可能性という課題を解決

低GWP(地球温暖化係数)発泡剤は、光熱費や環境負荷の抑制をサポートします。

家庭用もしくは業務用建物の断熱材の選択を誤ると、光熱費や環境面で大打撃が生じることにもなりかねません。エネルギーコストと環境への関心が高まっている現在、住宅や建物のエネルギー効率を高めるソリューションに対する需要も高まっています。

しかし、建設業者や建物の所有者には無数の選択肢があり、どの選択肢にも何らかの妥協が伴うようです。建物には幅広い用途があり、そのいずれにも通用する性能、環境持続性、エネルギー効率、寿命や耐久性、そしてコストのバランスを見つけることは容易ではありません。

スプレーポリウレタンフォーム(SPF)は汎用性にすぐれながら高い断熱効果が得られ、高効率が期待できることから人気が高まっている優れた断熱材ソリューションです。SPFは一見高価なようですが、長期的には大幅なコスト削減を実現します。従来のSPF断熱材の課題は、施工時に使用する発泡剤にありました。市場にある発泡剤の多くは、環境持続性の観点からは理想的なものとは言えず、GWP(地球温暖化係数)やODP(オゾン破壊係数)が高く、環境に悪影響を及ぼしています。

SPFと組み合わせて使用する発泡剤の選択は非常に重要ですが、適切な比較情報がなければ最も賢明な選択をすることは困難です。 

加熱/冷却コスト

本ホワイトペーパーでは、性能と環境持続性にすぐれた発泡剤を使用することで、スプレーフォーム断熱材の効果を高め、エネルギー効率の向上を実現する方法について、建設業者や建物の所有者向けに簡潔に分かりやすく説明します。スプレーフォーム断熱材が、他の断熱材が抱える課題を見事に解決するソリューションであると言えるのはなぜなのか、また、どのような方法でコストの節約と環境保護に寄与する性能を維持し、強化することができるのか。ぜひご確認ください。

ホワイトペーパーをダウンロードして、環境持続性のある発泡剤を配合したスプレーフォーム断熱材を使用することによる長期的なメリットをご確認ください。