Chemours.com

環境的に持続可能な将来を目指して

新しい冷媒関連規制を理解して、長期ソリューションを計画する

変化する規制環境に対応するのは簡単ではありません。世界規模・地域規模での新しい規制や取り組みが進められ、オゾン破壊係数(ODP)や地球温暖化係数(GWP)が高く、持続可能性の低い冷媒のフェーズアウト(段階的全廃)に大きな焦点が当てられています。こういった規制により、コスト、性能、安全性、持続可能性のバランスを保ち、規制に準拠しながら、施設に適切なソリューションを選択することが難しくなっています。しかし、理解を深めれば、よりよい選択が可能になります。

ハイドロフルオロオレフィン(HFO)の化学的性質をベースとした冷媒は、ODPがゼロで低GWPであるため、市場で最も環境持続性能が高い冷媒に分類されています。ほとんどのHFO系冷媒は、最小限のダウンタイムで既存のシステムに簡単に置き換えが可能なため、新規システムへのコストを回避することができますが、規制環境や冷媒オプション、変換またはレトロフィットの結果を理解することは重要です。将来への最もスマートな道を見つけるのは簡単ではありません。既存システムをレトロフィットするのが正しい選択の場合もあれば、古い機器の交換が必要な場合もあります。適切な選択を理解するには、すべての事実を知ることが不可欠です。

冷媒技術のこれまで 

本参考情報では、進化する規制環境と、それが冷媒選択においてどのような意味を持つかを説明しています。HFO系冷媒の環境持続性能と、機器、用途、固有の状況のニーズに合った最適なオプションの選択方法をご確認いただけます。

参考情報をダウンロードして、炭化水素、重要新規代替物質政策(Significant New Alternatives Policy:SNAP)などの規制プログラム、システムアップグレードの時期と方法などについて理解を深めてください。

免責事項:本参考情報の内容については、Chemours(ケマーズ)社がその責任を負います。