Chemours.com

安全にA2L冷媒に移行する方法

持続可能性と安全性

新しく進化を続ける環境規制により、冷媒を使用するあらゆる個人や企業が変化する地盤が生まれました。幸運なことに、ハイドロフルオロオレフィン(HFO)の化学的性質が、エアコンや冷凍冷蔵機器システムに次世代冷媒をもたらしました。このHFO系冷媒は、発展途上国でフェーズダウンやフェーズアウト(段階的な削減・全廃)が進められている従来のハイドロフルオロカーボン(HFC)やハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)系冷媒の代替品として、高い性能と環境持続性能を提供します。

この次世代冷媒は優れた信頼性、一貫性、効率を提供しますが、新しい冷媒の選択と導入は、既存のHFCまたはHCFC系システムにHFO代替品を補充すればよいという簡単なものではありません。

部屋タイプの分類のインフォグラフィック 

移行に際しては、多くの要素を考慮する必要があります。本参考情報は、市場にある様々な冷媒オプション、多様な用途への適合性の評価方法、既存システムから新冷媒への安全な移行方法について説明することを目的としています。ASHRAE安全性分類の違い(多くのHFO系冷媒が分類される微燃性のA2Lを含む)や、リスクを排除するための適切な冷媒の取り扱い方法をご確認いただけます。

参考情報をダウンロードして、性能を犠牲にすることなく、安全かつ費用対効果の高い方法で、信頼性があり持続可能な低GWP(地球温暖化係数)冷媒オプションに移行する方法をご確認ください。