Chemours.com

ROI(投資利益率)を最大化するための適切な建物断熱材の選択方法

断熱材の効率が向上すれば、廃棄物の削減と価値の向上につながります

エネルギーの節約という点では、適切な建物の断熱材が、光熱費を管理可能にするか、熱の放出により数十万円の損失を出すかの違いをもたらします。

誤った選択をすると、長期的なコスト削減とエネルギー効率が実現できなくなります。しかし、建設業者や建物の所有者は、市場にある多くのオプションの中から、ニーズに合った適切な断熱材を選択しているかどうかを、どのように確認したらよいのでしょうか。

米国の全家庭でスプレーポリウレタンフォーム(SPF)が使用されれば、全米で毎年330億米ドルものエネルギーコストを削減できます。 

本参考情報では、決定する際の一助としていただけるよう、市場にある様々な種類の断熱材の主要な品質と、意思決定プロセスに必要なすべての要素を定義しています。お客様の知識が深まれば、よりよい決定を行うことができます。

また、本ホワイトペーパーは、R値の意味や、R値が熱性能と温度管理にどう影響するかを解説しています。空間、建物の種類、空気の流れ、気候などの仕様を評価する方法をご確認いただけます。

参考情報をダウンロードして、様々な断熱材オプションの評価方法や、建物や固有のニーズに最も適した断熱材の選択方法をご確認ください。