Chemours.com

サブクーリングによる効率の向上

インフォグラフィックと研究の一部公開(プレビュー)

サブクーリングの先駆けとなる低GWP冷媒

サブクーリングに関する最近の研究結果のプレビューをダウンロードしてください。Opteon™(オプテオン™)XL20など、新世代の低GWP冷媒の真の価値をご確認ください。この冷媒は、持続可能性と効率の目標を達成するために、さらなるエネルギーの追加とライフサイクルの節約に貢献します。

Opteon™(オプテオン™)XLを採用したサブクーリング

この研究は、環境条件とエネルギーのニーズが非常に異なる2つの異種小売環境で、実施されました。3つの異なる用途と6つの冷凍冷蔵機器アーキテクチャを比較検討し、小売業界向けに確固たる研究結果を提供します。

今すぐ登録して、以下のような情報を入手してください。

  • サブクーリングに関する研究の一部公開(プレビュー)- 小売店や冷蔵倉庫が新世代の低GWP冷媒をベースにしたサブクーリング技術を採用すると、エネルギー効率の向上とライフサイクルコストの削減にどのように貢献できるかを調べた結果をプレビューします。
  • 信頼性の高い性能を通じて持続可能性を推進することに重点を置き、それぞれの低GWP冷媒がもたらすメリットを視覚的に表したインフォグラフィック。

このホワイトペーパー全文は、 冷媒の熱物理特性と輸送プロセス(TPTPR 2021)に関する第6回IIR会議で発表された後、9月に公開となります。

入手については、以下の当社チームにご連絡ください。Mark Hughes、事業開発部門マネージャー