Chemours.com

低GWPソリューションへの移行

規制状況

気候変動やオゾン層破壊などに関連した環境問題により、世界やリージョンの規制が発展してきました。こういった規制は、冷媒、発泡剤、その他の特殊溶剤や作動流体の様々な用途に大きな影響を与えてきました。  

これらの製品を取り扱う場合、その国の現行の規制、規格、基準を参照し、適切に遵守する必要があります。

現在のほとんどの規制状況は、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書¹(モントリオール議定書)が基になっています。1987年に採択されたモントリオール議定書は、オゾン層破壊物質の生産を段階的に全廃(フェーズアウト)することにより、成層圏のオゾン層を保護するために策定された国際条約です。この議定書は、クロロフルオロカーボン(CFC)とハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)の段階的全廃を義務付けています。

この条約に基づき、CFCは全世界で段階的に全廃されました。条約は、HCFCの使用量を2020年までに1987年の基準より99.5%削減、2030年までに全廃することを最終的な目標としています。条約の批准以降、キガリ改正²とそれに伴うリージョンの規制がモントリオール議定書の範囲を拡大し、ハイドロフルオロカーボン(HFC)の削減と段階的削減(フェーズダウン)のスケジュールが盛り込まれました。

HCFCの段階的全廃スケジュールと導入

規制要件に基づいてHCFCの生産が停止しても、再生品や在庫品により、しばらくの間アフターマーケットで使用を継続できる場合があります。段階的全廃スケジュール、およびHCFC系冷媒やその他製品の継続使用に適用される販売、取り扱いに関する法律は、国よって異なるため、使用する国の規制や法律を確認することが重要です。

Chemours(ケマーズ)社は、オゾン層を破壊しないHFC系の冷媒、特殊溶剤、消火剤などの製品を提供しています。

温室効果ガスに対する取り組みの拡大

HFCの使用を段階的に削減するキガリ改正の実施スケジュールは、国によって異なります。120か国以上がこの改正³を批准し、目標達成に向けて取り組んでいます。  これら長期規制に対応するため、Chemours(ケマーズ)は、地球温暖化係数(GWP)が低い、次世代のHFO系Opteon™(オプテオン™)冷媒、発泡剤、特殊溶剤、サーマルマネージメント用作動流体を開発しました。

¹https://www.undp.org/content/undp/en/home/sustainable-development/environment-and-natural-capital/montreal-protocol.html
²https://ozone.unep.org/kigali-amendment-implementation-begins
³https://kigali-amendment.openclimatedata.net/
https://ec.europa.eu/clima/policies/f-gas/reporting_en
https://www.epa.gov/snap
https://ww2.arb.ca.gov/news/california-acts-limit-powerful-climate-changing-chemicals
https://www.meti.go.jp/english/press/2018/1024_002.html
https://www.canada.ca/en/environment-climate-change/services/air-pollution/issues/ozone-layer/depleting-substances-halocarbon-alternatives-regulations.html