Chemours.com

CO₂:不都合な真実

小売用冷凍冷蔵機器システム向けにCO2よりも優れたテクノロジーが存在します

記事とインフォグラフィック*

低GWP Opteon™(オプテオン™)XLのエネルギー効率を考えている脳を持つ、男性のアニメーション

最近、エネルギー効率の悪さから、一般的に使用されている冷媒R-744の「グリーン」認証について疑問が提起されています。なぜ、業界では、欧州F-Gas規制に準拠するために、現在比較的高い総排出ガス技術と見なされているものを選択したのでしょうか? また、単に準拠するだけでなく、持続可能性とコスト価値をさらに向上させるその他のテクノロジーについても考慮すべきではないでしょうか?

Chemours(ケマーズ)の最新記事とインフォグラフィック*では、次のことをご理解いただけます。

低GWP Opteon™(オプテオン™)XLのエネルギー効率
  • EU F-Gas規制およびそれ以降の規制に準拠するために、冷凍冷蔵機器業界にもたらされた課題。
  • 気候条件が良好であっても、R-744技術(基本的なブースターから高度なエジェクターまで)の本質的なエネルギー効率の低さがライフサイクルコストと総排出量に悪影響を与える仕組み。
  • 信頼性がありコスト効率に優れ、排出量の少ない冷凍冷蔵機器技術を選択する際のOpteon™(オプテオン™)XL超低GWP A2L冷媒のメリット。

* 記事とインフォグラフィックは、最新のホワイトペーパー「CO₂:不都合な真実:小売用冷凍冷蔵機器システムにCO₂よりも優れたテクノロジーが存在します」に基づいています。ホワイトペーパー全文のご請求や、適切なソリューションを選択するためのガイダンスやサポートをご希望の方は、このフォームからお問い合わせいただくか、最寄りの担当者、Mark Hughesにご連絡ください。