Chemours.com

Opteon™(オプテオン™)XLなどの低GWP H冷媒の選択により、排出量を削減

CO₂や炭化水素だけでなく、冷凍冷蔵機器システムの総排出量を削減

Opteon™(オプテオン™)XLのような低GWP HFO冷媒を選択すると、冷凍冷蔵機器システムの総排出量を大幅に削減できます。

地球温暖化係数(GWP)が低い冷媒を使用するだけでは、冷凍冷蔵機器システムの環境負荷を低減することはできません。エネルギー消費による間接的な排出の方がはるかに大きいため、低GWPの業務用冷媒を選択する際には、エネルギー効率を考慮する必要があります。

Wave Refrigeration社の独立系コンサルタントが実施した調査によると、Opteon™(オプテオン™)XLのようなハイドロフルオロオレフィン(HFO)冷媒は、二酸化炭素(CO₂)や炭化水素のような他の低GWPソリューションよりも低い総排出量で同等の冷却性能を発揮することが示されました。

私たちは、情報に基づいた意思決定ができるように、冷媒排出量に関する調査結果を比較し、一目でわかる有益なインフォグラフィックを作成しました。

インフォグラフィックをダウンロードして、新しいホワイトペーパー「業務用冷凍冷蔵機器用途の気候変動排出量削減への道(The Path to Reducing Climate Change Emissions from Commercial Refrigeration Applications)」をご覧ください。このホワイトペーパーでは、様々な冷凍冷蔵機器技術やシステムの環境的パフォーマンスと経済的パフォーマンスを完全比較しているので、適正な長期低GWPのソリューションを選択することができます。