Chemours.com

冷媒の新業界標準には意味があります

A2L冷媒が冷凍冷蔵空調機器産業の未来を切り開いた理由

次々に導入される冷媒に関する新規制を受け、冷凍冷蔵空調機器産業は、地球温暖化係数(GWP)が低く、オゾン破壊係数(ODP)がゼロの環境持続性がある冷媒を積極的に求めています。

ハイドロフルオロオレフィン(HFO)の化学技術を使った最近の技術革新は、高性能かつODPゼロの低GWP冷媒の開発につながりました。HFO系冷媒は信頼性が高く効率的ですが、同等のハイドロフルオロカーボン(HFC)やハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)と異なり、ASHRAE安全性分類でA2Lの微燃性に分類されます。HFO系冷媒は、適切に取り扱えば完全に安全です。しかし、ユーザーが時間をかけて正しい取り扱い方法や導入方法を理解しないと、リスクが発生します。

2018年から2048年のCO2換算排出量(基準値に対するパーセンテージ)のグラフ 

本ホワイトペーパーでは、ASHRAE安全性分類A2Lについて詳しく説明し、A2L冷媒の特性と特徴を詳述します。HFO系冷媒であれば、前世代の冷媒から移行する際に機器の再設計を最小限に抑えることができるだけでなく、いかに充填量が大きく容易な電気部品の統合が、スムーズな移行を可能にするか、本ホワイトペーパーで、ご紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロードして、A2L冷媒の詳細と、A2L冷媒が業界標準になってきている理由をご確認ください。