Chemours.com

脱炭素への道を切り開く

Fガスは、排出量削減と気候対応の達成に欠かせません。

気候変動に対応するには、エネルギーの生産方法と使用方法を根本的に転換する必要があります。つまり、社会の動力源として石炭、石油、天然ガスへの依存を減らし、風力や太陽光などの再生可能な資源への依存を増やす必要があります。また、暖房や冷却を電化し(ガスボイラーを高効率のヒートポンプに交換するなど)、エネルギー効率の改善と非再生可能エネルギーの消費量削減に向けて前進し続ける必要があります。

Fガスは、地域内のヒートポンプの導入において、安全で信頼性が高く、効率的なソリューションを提供します。 

エネルギー効率と気候への影響

Fガスは、さまざまな用途や気候で優れた性能とエネルギー効率をもたらすため、脱炭素経済の構築に必要不可欠であり、またクリーンエネルギーへの迅速な移行を可能とします。いわゆる「自然」冷媒は、この役割を到底果たせません。「自然」冷媒には地球温暖化係数(GWP)が低いものもありますが、多くの場合、相対的な効率と熱特性が低いため、エネルギー消費量が増加します。エネルギー消費量はCO₂排出量の増加につながり、地球温暖化をさらに加速させることになります。

「自然」冷媒の落とし穴はこれだけにとどまりません。CO₂システムは複雑であることで知られており、アンモニアシステムはリスク軽減要件が多くなります。また、炭化水素システムは、可燃性であり、充填量に制限があることから、拡張性に問題があります。これらの欠点により、資源とエネルギーが多く必要となり、「間接的」な排出量が増える結果となります。

国連環境計画(UNEP)の2018年報告書では、冷凍冷蔵機器システムによる地球温暖化への影響の80%以上が、機器を運用するために使用する電気の生産時に生成される間接的な排出量に関連していると報告されています。

望ましいパートナー

低~超低GWPであり、優れたエネルギー効率を特徴とする今日のFガスと特殊溶剤は、経済を脱炭素化し、気候変動を抑える取り組みにおいて望ましいパートナーです。Fガスは、ヒートポンプ技術を通じた暖房と冷却の迅速な電化のサポートに不可欠です。(「自然」冷媒をヒートポンプで使用することは可能ではありますが、その性能に限界があることから利点が相殺されます。)

低GWPのFガスであるR-454Cに最適化されたヒートポンプは、標準的なプロパン(R-290)システムよりも排出量を22%削減します。 

また、Fガスと特殊溶剤は、走行距離を長距離化する電気自動車用ヒートポンプからデータセンターの高効率浸漬冷却システムまで、数え切れない現代的なその他の用途の発展においても重要です。